おススメのメタバースマッチングアプリ3選|4大メリットも紹介

メタバース マッチング アプリ

関連技術の進歩やMetaやAppleのデバイス発売などに伴い、ますます注目を集めているメタバース。最近では手軽に恋人探しができることを売りにして、メタバースとマッチングアプリを組み合わせたサービスが人気を集めています。

 

一方で、「メタバースマッチングアプリがどのようなものかイメージが湧かない」「通常のマッチングアプリとどのような違いがあるのかわからない」という方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、代表的なメタバースマッチングアプリ3選について、メリットやメタバース活用のポイントなどとともにわかりやすくご紹介します。

 

本記事は、以下のような方におすすめの記事となっています。

 

  • マッチングアプリへのメタバース活用を検討している
  • 代表的なメタバースマッチングアプリの事例を押さえておきたい
  • 企業がマッチングアプリにメタバースを活用するメリットが知りたい

 

本記事を読めば、マッチングアプリへのメタバース活用を進める上で押さえておきたい知識を、一気にキャッチアップできる内容となっておりますので、ぜひ最後までご一読ください。


また、メタバース総研では、メタバース活用を検討する上で押さえておきたい、基礎知識やノウハウを一冊にまとめたガイドブックを無料で配布しています。

ご興味のある方は、以下リンクからダウンロードしてご活用ください。

【担当者必見】メタバース/XRの活用ガイドブックのダウンロードはこちら(無料)

目次

そもそもメタバースとは

そもそもメタバースとは VRChat
(画像:VRChat

メタバースとは一言でいうと、人々が様々な活動を行うことのできるインターネット上の3次元の仮想空間のことを指します。

 

メタバースの語源は「超越」を意味する「meta」と「世界」を意味する「universe」を組み合わせた造語だと言われています。メタバースという言葉が世界で初めて使われたのは、1992年にニール・スティーヴンスン氏が発表したSF小説「スノウ・クラッシュ」です。

 

メタバースにおいて、ユーザーはアバターと呼ばれる自身の分身の姿でメタバース空間にアクセスし、他のユーザーとコミュニケーションや経済活動を行うことができます。例えば、集まって会話をしたり、イベントやスポーツ、買い物などを楽しむことができます。

 

一般ユーザーに広く普及しているメタバースサービスとして、「Fortnite」や「Roblox」、「どうぶつの森」などのゲーム型のメタバース、「VRChat」や「Cluster」などのSNS型のメタバースが挙げられます。

 

メタバースへのアクセス方法としては、スマホやPCからもアクセス可能ですが、Apple Vision ProやMeta Questのようなヘッドマウントディスプレイからアクセスすることにより、より世界に没入したような体験が可能になります。

企業がメタバースをマッチングアプリに活用する4つのメリット

企業がメタバースをマッチングアプリに活用する4つのメリット

企業がメタバースをマッチングアプリに活用するメリットとして、主に以下の4つが挙げられます。

 

  • ①外見や年収ではなく性格や個性を重視した恋愛体験
  • ②時間や場所にとらわれない手軽なデートやコミュニケーション
  • ③メタバースならではの特別なシチュエーションを手軽に再現
  • ④身体的なトラブルやなりすましリスクを回避しアプリの健全性を維持

 

それぞれのメリットについてわかりやすく紹介していきます。

 

※300事例の分析に基づく、企業によるメタバース/XR活用方法の9つの定石と最新事例をまとめた資料をダウンロード頂けます。
メタバース/XR活用アイデア集の資料ダウンロードはこちら(無料)

①外見や年収ではなく性格や個性を重視した恋愛体験

外見や年収ではなく性格や個性を重視した恋愛体験 Memoria
(画像:Flamers)

1つ目のメリットは、外見や年収ではなく性格や個性等の内面を重視した恋愛体験を提供できる点です。

 

従来からのマッチングアプリは、顔写真や職業、年収といった外見や肩書を掲載させるものがほとんどです。そのため、外見などに自信がない人が始めづらいという問題点がありました。

 

一方で、メタバースマッチングアプリでは、通常、ユーザーはアバターとして参加し、顔写真などの情報は掲載しません。そのため、外見などに自信がなく通常のマッチングアプリに抵抗がある人にも気軽に使ってもらうことができます

②時間や場所にとらわれない手軽なデートやコミュニケーション

2つ目のメリットは、時間や場所にとらわれることなく手軽にデートができる場を提供できる点です。

 

従来のマッチングアプリでは、ユーザーがデートをするためには、実際に現実世界で会う必要がありました。そのため、「毎回化粧などの準備をして出かけるのが面倒」「現実世界で会うのに疲れた」などの不満を抱えるユーザーも多くいます。

 

一方で、メタバースマッチングアプリでは、メッセージのやり取りだけでなくデートもメタバース上で行います。そのため、現実世界で会うことに負担を感じるユーザーをひきつけることができます。

③メタバースならではの特別なシチュエーションを手軽に再現

3つ目のメリットは、メタバースならではの特別なシチュエーションを手軽に再現できる点です。

 

従来のマッチングアプリは、アプリ上でメッセージのやり取りをし、気が合えばオフラインでも会ってデートをするという単純なパターンのものがほとんどです。

 

一方で、メタバースマッチングアプリでは、メタバース上にシェアハウスを再現し男女の共同生活を実現したり、世界中のデートスポットを再現したりするなど、メタバースならではの特別なシチュエーションをユーザーに提供することができます。

④身体的なトラブルやなりすましリスクを回避しアプリの健全性を維持

4つ目のメリットは、身体的なトラブルのリスクを回避し、アプリの健全性を維持することができる点です。

 

従来のマッチングアプリでは、あまり互いのことを知らないままオフラインで出会うユーザーも多いので、身体的なトラブルやなりすましのリスクがあります。

 

一方で、メタバースマッチングアプリでは、ユーザーは基本的にメタバース上で交流・デートをし、オフラインで会うのもメタバース上での十分な交流やデートを経た後であることが大半です。そのため、上記のようなリスクが現実化する可能性は極めて低く、アプリの健全性を維持することができます

メタバースマッチングアプリの事例3選

メタバースマッチングアプリの事例3選

代表的なメタバースマッチングアプリの事例として、以下の3つが挙げられます。

 

  • ①Memoria:外見や年収にとらわれず内面を重視した恋愛体験を提供
  • ②恋庭:メタバースゲームをプレイしながら交際に発展
  • ③OneRoof:メタバース上のシェアハウスでの共同生活で恋愛に発展

 

それぞれの事例についてわかりやすく紹介していきます。

 

※700社以上のご担当者様にお読みいただいている、国内外の最新メタバース/XR活用事例101選をまとめた資料をダウンロード頂けます。
メタバース/XR活用事例101選の資料ダウンロードはこちら(無料)

①Memoria:外見や年収にとらわれず内面を重視した恋愛体験を提供

Memoria:外見や年収にとらわれず内面を重視した恋愛体験を提供
(画像:Flamers)

Memoriaはメタバース空間においてアバターの姿で恋人を探したりデートをしたりすることができるマッチングアプリです。相手の外見や年収ではなく内面を重視した恋愛を経験できる点が特徴です。

 

マッチングした相手とすぐにメタバース上でデートをすることができるため、通常のマッチングアプリと異なり、外出して実際に会う必要がありません。また、身体的なトラブルのリスクもなく、安心して利用することができます。

 

ベータ版においては、これまでに500人のユーザーに利用され、20組のカップルが誕生し、うち2組は婚約まで至っているとのことです。

②恋庭:メタバースゲームをプレイしながら交際に発展

恋庭:メタバースゲームをプレイしながら交際に発展
(画像:バンク・オブ・イノベーション)

恋庭は、アバター姿の男女がメタバースゲームをプレイしながら仲良くなることをコンセプトとしたユニークなマッチングアプリです。メタバースゲーム事業にも取り組んでいる株式会社バンク・オブ・イノベーションによって運営されています。

 

ユーザーは、メタバースゲームを通じて相手と仲良くなってから現実世界で出会います。8割以上のユーザーが3日以内にマッチングが成立しており、現実世界で出会った人の2.8人に1人は交際に発展しているとのことです。

 

男女ともに基本料金無料で、スマホからもプレイできるので、初心者でも気軽に始めることができます。

③OneRoof:メタバース上のシェアハウスでの共同生活で恋愛に発展

OneRoof:メタバース上のシェアハウスでの共同生活で恋愛に発展
(画像:X square)

OneRoofは、シェアハウスをメタバース上に再現し、そこで男女が共同生活をすることができるマッチングアプリです。男女複数人がランダムにマッチングされ共同生活がスタート。毎日顔を合わせることでお互いを知りながら恋愛に発展させていくことができます。

 

シェアハウス内でのやり取りは、テキストチャットに加え、ボイスチャットも利用可能です。お誘いボタンを使って特別な部屋に招待し、個別に話すこともできます。現実のシェアハウスで共同生活をしているかのような体験を手軽に味わうことができる点が大きな魅力の一つです。

 

料金は、女性はすべて無料、男性は基本機能は無料で、課金をすれば入れるシェアハウスを増やすことができます。

メタバース活用で成果を上げるための5つのポイント

メタバース活用で成果を上げるための5つのポイント

メタバース活用で成果を上げるためのポイントとして以下の5つが挙げられます。

 

  • ①最先端の市場動向・ノウハウのキャッチアップ
  • ②活用目的の明確化と骨太な戦略策定
  • ③ユーザーファーストなUX設計
  • ④アジャイルアプローチによるプロジェクトの推進
  • ⑤強力な開発・運用体制の構築

 

それぞれについて分かりやすく紹介していきます。

 

※300事例の分析に基づく、企業のメタバース/XR活用でよくある失敗とベストプラクティスをまとめた資料をダウンロード頂けます。
メタバース/XRのビジネス活用しくじり大全の資料ダウンロードはこちら(無料)

①最先端の市場動向・ノウハウのキャッチアップ

1つ目のポイントは、最先端の市場動向・ノウハウのキャッチアップです。

デバイスの進化やユーザーの動き、各領域の先進事例をキャッチアップし、自社が取り組むべき活用方法や成果に繋がる活用のポイントを抑えた上で活用に着手しましょう。

 

メタバース活用には取り組むのに一定の予算や工数が必要となるため、自社にとって重要な最新動向や活用のノウハウを抑えておくことが、成功確度の高い戦略・企画立案の大前提となります。

②活用目的の明確化と骨太な戦略の立案

2つ目のポイントは、メタバースを活用する目的の明確化と骨太な戦略の策定です。

現在メタバース活用に取り組む企業には、メタバース活用の取り組みが単発で終わってしまっている企業が見受けられます。

 

その結果、活用のPDCAが回らない、メタバース活用が小粒な施策の1つに留まってしまうなど大きな収益機会の獲得に繋がらないという結果に終わってしまいます。

 

自社の経営課題を踏まえ、「活用によりどのような経営課題を解決したいのか?」「課題解決の打ち手としてなぜメタバースではないといけないのか?」といった明確な活用目的を整理した上で、中長期で目指す事業の姿や自社の強みの活用の仕方などの実現に向けた戦略を立案しましょう。

③ユーザーファーストな企画・UX設計

3つ目のポイントは、自社のターゲットにとってユーザーファーストなメタバースの企画・UX設計です。

現在、多くの企業がメタバースに参入を進めていますが、そのなかには、企業側の都合のみでサービス・体験が設計されたようなメタバースが多く存在します。それらのメタバースは、ユーザーに利用されず、企業の活用の目的を達成できない結果に終わってしまいます。

 

そのため、「メタバースならではの高い体験価値を届けられているか」や「ユーザーの利用にあたっての手間や負担が大きくないか」といった観点を踏まえたUX設計が重要です。

④アジャイルアプローチによるプロジェクトの推進

4つ目のポイントは、アジャイルアプローチによるプロジェクトの推進です。

メタバース市場は今後大きな成長が予想されているものの、いまだ成長期にあり、様々な業界の企業が中長期的な収益最大化に向け、最適な活用を模索している段階にあります。

 

そのため、計画と実行のプロセスを短いスパンで回し、仮説立案・実行・検証・施策立案のサイクルを何度も繰り返すことが、プロジェクトを机上の空論で終わらせないために重要です。

⑤強力な開発・運用体制の構築

5つ目のポイントは、強力なメタバース開発・運用体制の構築です。

高いユーザー体験と事業性を両立するメタバースの開発とマーケティングを含めた運用を実施しましょう。

 

メタバース開発・運用には幅広い領域の知見や技術スタックが求められるため、外部のベンダーなどを活用し、不足するケイパビリティやリソースを補完することも有効です。

メタバース活用を進めるための4つのフェーズ

メタバース活用を進めるための4つのフェーズ

メタバース活用を進める流れとして、大きく以下の4つのフェーズが挙げられます。

 

  • Phase1:市場動向・知見のキャッチアップ
  • Phase2:戦略/企画の立案
  • Phase3:事業計画の策定
  • Phase4:開発・運用

 

それぞれのフェーズについて分かりやすく紹介していきます。

 

※メタバース/XRの開発を検討する際に、必ず抑えておきたい、企画〜開発までの4つのステップやポイントをまとめた資料をダウンロード頂けます。
【完全版】メタバース/XR開発ガイドブックのダウンロードはこちら(無料)

Phase1:市場動向・知見のキャッチアップ

1つ目のPhaseとして取り組むべきは、最先端の市場動向・知見のキャッチアップです。MetaやApple、Microsoftなどのビックテックやユーザーの動向・先行活用事例など、日々変化する市場動向やナレッジへのキャッチアップが必要です。

このフェーズが、成果に繋がる骨太な戦略/企画策定の基盤となります。

Phase2:戦略/企画の立案

2つ目のPhaseはメタバース活用の戦略/企画です。活用目的を踏まえ、中長期で目指す事業の姿や自社の強みの活用の仕方、実現に向けた企画を立案しましょう。

ユーザーバリューと自社の事業性の両方を満たす、質の高い戦略/企画の立案が、成果につながるメタバース活用の実現に向け最も重要なポイントとなります。

Phase3:事業計画の策定

3つ目のPhaseは事業計画の策定です。事業に期待する成果や開発・運用のアプローチやタイムライン、必要な投資額などを検討しましょう。

メタバース開発・運用といっても、プロジェクト毎に求められるケイパビリティは様々であるため、自社にマッチするツール・ベンダーの選定が非常に重要です。

Phase4:開発・運用

4つ目のPhaseが開発・運用です。メタバース開発・運用には幅広い領域の知見や技術スタックが求められるため、外部のベンダーなどを有効活用し、不足するケイパビリティやリソースを補完しつつ、ユーザーに届けたい体験を実現するメタバースの開発とマーケティングを含めた運用を実施しましょう。 

 

4つのフェーズで取り組むべき35のステップに関しては、以下の関連記事で詳しく解説しています。

 

※関連記事:メタバースを活用した事業を作る方法|全4フェーズと35ステップ【担当者必見】

おススメのメタバース活用支援会社3選

おススメのメタバース活用支援会社3選

おススメのメタバース活用支援会社は以下の3社です。

 

  • ➀クラスター:メタバースプラットフォームclusterを運営
  • メタバース総研:国内最大級の知見に基づき戦略/企画策定から開発・運用まで支援
  • ③ハシラス:VRコンテンツ専門の制作会社

 

それぞれの会社の概要やおすすめポイントついて、わかりやすく紹介していきます。

 

※メタバース/XRのコンサル/開発会社を選ぶ際のポイント4つやおすすめ企業11社の比較をまとめた資料をダウンロード頂けます。
メタバース/XRのコンサル/開発会社選定ガイドブックの資料ダウンロードはこちら(無料)

①クラスター:メタバースプラットフォームclusterを運営

クラスター:メタバースプラットフォームclusterを運営
(画像:クラスター)

クラスター株式会社は、メタバースプラットフォームclusterの運営と、同プラットフォームを活用したい企業の支援を行っています。

 

クラスターの強みとして以下の3点が挙げられます。

 

  • 1.100万アプリダウンロードを超えるメタバースプラットフォームを運営
  • 2.自社プラットフォームと連携した開発支援
  • 3.cluster上での多数の企業の取り組み支援による知見

1.100万アプリダウンロードを超えるメタバースプラットフォームを運営

運営するclusterはアプリダウンロード数が100万を超えており、多くのユーザーを集めるメタバースプラットフォームとなっています。

 

そのため、より多くのユーザーにリーチしたい企業にとって、clusterの活用は有効な選択肢と言えます。

2.自社プラットフォームと連携した開発支援

clusterは、自社プラットフォーム上にメタバース空間を展開したい企業向けのコンサル・開発支援も行っています。

 

そのため、cluster上でのメタバースサービスの企画・開発の支援におけるスムーズな連携が特徴です。

3.cluster上での多数の企業の取り組み支援による知見

clusterは、これまでに幅広い業界の企業のclusterの活用支援実績を有しています。

 

そのため、企業のcluster活用に関する豊富なノウハウを活かした支援が強みとなっています。

②メタバース総研:国内最大級の知見に基づき戦略/企画策定から開発・運用まで支援

メタバース総研:国内最大級の知見に基づき戦略/企画策定から開発まで支援

メタバース総研は、企業向けのメタバース/XRのコンサルティング・開発を行っている会社です。

  

メタバース総研の強みとして以下の3点が挙げられます。

 

  • 1.国内最大級のメディア運営/豊富なコンサルティング経験による戦略策定力
  • 2.中立的な立場から各社に最適なツール/プラットフォームを選定可能
  • 3.強力なパートナー企業/クリエイターによる総合的な支援力

1.国内最大級のメディア運営/豊富なコンサルティング経験による戦略策定力

国内最大級のメディア運営/豊富なコンサルティング経験による戦略策定力 メタバース総研

メタバース総研は、国内最大級のビジネスに特化したメタバース/XRメディアの運営と幅広い業界の大手企業へのコンサルティング経験を通じた戦略策定力を強みとしています。

 

そのため支援の際は、クライアント企業様の事業の課題・活用の目的を踏まえたメタバースの活用戦略/企画策定を徹底しています。このこだわりが、多くの企業が陥っている”メタバース/XR活用自体の目的化”を防ぎ、成果に繋がる活用を実現します。

2.中立的な立場から各社に最適なツール/プラットフォームを選定可能

中立的な立場から各社に最適なツール/プラットフォームを選定可能 メタバース総研

メタバース総研は、特定のメタバース/XR開発ツールやプラットフォームを有していません。

 

そのため、特定の開発ツールやプラットフォームの活用ありきの支援ではなく、中立的な立場からクライアント企業様のプロジェクト毎に最適なプラットフォームやツールを選定し、支援することが可能です。

3.強力なパートナー企業/クリエイターによる総合的な支援

強力なパートナー企業/クリエイターによる総合的な支援 メタバース総研

メタバース総研は、技術領域・ユースケース毎に、業界を代表する実績/ソリューションを有する12社の企業や38名のクリエイターとパートナーとして協働しています。

 

そのため、クライアント企業様の課題やご要望に合わせ、パートナー企業/クリエイターらとともに最適な各種ソリューションをご提供しています。

 
※メタバース総研は豊富な経験とナレッジに基づき、各社様に合わせた先進事例や具体的な活用アイデアなどの最新ナレッジをご提供させていただいております。 メタバース/XR活用でお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。
メタバース/XRのビジネス活用個別無料相談会の詳細はこちら

③ハシラス:VRコンテンツ専門の制作会社

ハシラス:VRコンテンツ専門の制作会社
(画像:ハシラス)

ハシラスは、VRコンテンツ専門の制作会社です。なかでもハイエンドVRデバイスと独自のハードウェア・ソフトウェアを組み合わせたVRアトラクションの企画・制作の実績が豊富です。

 

ハシラスの強みは次の3点です。

 

  • 1.豊富な導入実績・事例と圧倒的な体験ユーザー数
  • 2.オリジナル体感ハードウェアの作成
  • 3.ハイエンドVRの豊富なノウハウ

 

それぞれの強みについてわかりやすく紹介していきます。

1.豊富な導入実績・事例と圧倒的な体験ユーザー数

ハシラスは2014年からVRアトラクションの制作を行なっており、国内外問わず多数の施設にコンテンツを納入しています。多くの実績と、圧倒的な体験ユーザー数から得られるフィードバックにより、豊富な技術・知見を育んでいます。

2.オリジナル体感ハードウェアの作成

VR向けライドなどの体感ハードウェアを自主制作している点がハシラスのコンテンツ制作の特徴であり、良好な体感性やアテンド性、酔い防止などの最新の知見を盛り込んだハードウェアを継続的に制作しています。

3.ハイエンドVRの豊富なノウハウ

ハシラスはハイエンドなVR機器をフル活用した体験価値の高いコンテンツ制作を得意としています。一般的な360度動画と異なり、現実の身体とVR空間が相互作用するコンテンツを実現可能です。アニメやマンガなどのIP活用においても、原作そのままの世界観に体験者自身が入り込んで活躍できるリッチなコンテンツ制作が可能です。

 

ハシラスは、株式会社サンシャインシティや株式会社リクルートテクノロジーズなどのハイエンドVRの制作支援をしています。

メタバース/XR活用の個別無料相談会実施中

メタバース総研では、メタバース/XR活用の個別無料相談会を実施しています。

各社様のメタバース/XR活用に関する課題解決に向け、最新の市場動向や具体的な活用アイデアなどを、個別のオンラインMTGにて、無料でご紹介させていただきます。

 

以下のようなお悩みをお持ちのご担当者様は、この機会にぜひお申込みください。

  • 興味はあるが、そもそも活用するかどうか迷っている
  • 自社に合った活用方法へのアドバイスが欲しい
  • 自社の企画の参考になる活用事例を知りたい
  • どのように活用を進めていけば良いか分からず困っている

メタバース/XR活用の個別無料相談会の詳細はこちら

お役立ち資料

関連するサービス

メタバースコンサルティング

メタバースコンサルティング

リサーチから企画・開発・運用まで
一気通貫でご支援いたします。

さらに詳しく>

メタバース開発サービス

メタバース開発サービス

貴社の目的やご要望に合わせた
最適なメタバースを開発いたします。

さらに詳しく>

このナレッジの著者

メタバース総研 代表取締役社長

今泉 響介

慶應義塾大学経済学部卒業。学生起業した事業を売却した後、日本企業の海外マーケティングを支援する株式会社Rec Loc を設立して代表取締役社長に就任。メタバースのビジネス活用を支援するメタバース総研を設立して代表取締役社長に就任。

お問い合わせ

お客様のメタバース活用推進に向け、戦略策定から実行支援までサポートします。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

まずは問い合わせてみる >

個別無料相談

ご担当者様のお悩み解決に向けたアイデアや情報を無料でご提供いたします。お気軽にご相談ください。

個別無料相談

無料で相談する >

資料ダウンロード

各種サービス資料やお役立ち資料をダウンロードいただけます。メタバース活用をご検討の方はぜひご一読ください。

資料ダウンロード 資料をダウンロードする >