【初心者向け】Decentralandとは?特徴や始め方を解説

Decentraland(ディセントラランド)とは?特徴や始め方を解説

2021年末のFacebookのMetaへの社名変更をきっかけに、世界的に注目を集めるメタバース。そんなメタバースを代表するサービスである「Decentraland(ディセントラランド)」が若者世代を中心に急速にユーザー数を伸ばしています。

 

一方で、「Decentralandって聞いたことあるけど、どんなサービスかは知らない」、「何が理由で多くのユーザーが熱中しているのかが分からない」という方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、今回は「Decentraland(ディセントラランド)」の概要や特徴を初心者の方にも分かりやすく紹介します。

本記事を読めば、メタバースを代表するサービスであるDecentralandの概要を効率良くキャッチアップできると思いますので、ぜひ最後までご一読ください。


また、メタバース総研では、メタバース活用を検討する上で押さえておきたい、基礎知識やノウハウを一冊にまとめたガイドブックを無料で配布しています。

ご興味のある方は、以下リンクからダウンロードしてご活用ください。

【担当者必見】メタバース/XRの活用ガイドブックのダウンロードはこちら(無料)

そもそもメタバースとは

そもそもメタバースとは VRChat
(画像:VRChat

メタバースとは一言でいうと、人々が様々な活動を行うことのできるインターネット上の3次元の仮想空間のことを指します。

 

メタバースの語源は「超越」を意味する「meta」と「世界」を意味する「universe」を組み合わせた造語だと言われています。メタバースという言葉が世界で初めて使われたのは、1992年にニール・スティーヴンスン氏が発表したSF小説「スノウ・クラッシュ」です。

 

メタバースにおいて、ユーザーはアバターと呼ばれる自身の分身の姿でメタバース空間にアクセスし、他のユーザーとコミュニケーションや経済活動を行うことができます。例えば、集まって会話をしたり、イベントやスポーツ、買い物などを楽しむことができます。

 

一般ユーザーに広く普及しているメタバースサービスとして、「Fortnite」や「Roblox」、「どうぶつの森」などのゲーム型のメタバース、「VRChat」や「Cluster」などのSNS型のメタバースが挙げられます。

 

メタバースへのアクセス方法としては、スマホやPCからもアクセス可能ですが、Apple Vision ProやMeta Questのようなヘッドマウントディスプレイからアクセスすることにより、より世界に没入したような体験が可能になります。

 

※メタバース/XRの基礎知識からビジネス活用方法と最新事例、進め方までをまとめた資料をダウンロード頂けます。
【ゼロから分かる】メタバース/XRのビジネス活用ガイドブックのダウンロードはこちら(無料)

Decentralandとは

Decentralandとは
(画像:Decentraland)

Decentralandとはブロックチェーンを活用したメタバースプラットフォームです。ブロックチェーンの技術を活用しているため、メタバースを活用して利益を上げようとしている人たちから大きく支持されています。

 

特徴としては、MANAという独自仮想通貨がある点、ゲームの開発経験がない人でも簡単にゲームやアイテムを作成できるなどクリエイター機能が充実している点や、「DAO(分散型自立組織)」による運営がされている点が挙げられます。クリエイター機能でアイテムやコンテンツをつくることだけでなく、その機能を通じてNFTを作成して、MANAを使ってNFTマーケットプレイスで売買することができます。

 

2015年にリリースされたDecentralandは、2021年初頭にはわずか4万人だったユーザー数が、現在は80万人に増えており、今後も増える見通しが高いです。また、2022年3月にはニューヨークやロンドンで開催される「ファッションウィーク」を模したイベント「Metaverse Fashion Week」を開催し、Dolce and GabannaやHugo Boss、Tommy Hilfigerなどの有名ブランドが参加するなどして大いに盛り上がりました。

ディセントラランドでできること3選

ディセントラランドでできること3選

ディセントラランドでできることは主に以下の3つです。

 

  • ①メタバースで遊ぶ
  • ②イベントに参加する
  • ③土地やアイテムの売買をする

 

それぞれについて分かりやすく解説していきます。

①メタバースで遊ぶ

メタバースで遊ぶ Decentraland
(画像:Decentraland)

ディセントラランドでできることの1つ目は、メタバースで遊ぶということです。ディセントラランドはアバターを操作してメタバース空間内を冒険したり、友達と会話したりすることができます。それ以外にも、ビリヤードやカジノや映画鑑賞やデジタルアート鑑賞やショッピングなどを楽しむことができます。

②イベントに参加する

イベントに参加する Decentraland
(画像:Decentraland)

ディセントラランドでできることの2つ目は、イベントに参加することです。ディセントラランド内には、ファッションショーや音楽フェスをはじめとする様々なイベントが開催されており、好きなイベントを選んで参加することが出来ます。また、参加するだけでなく自身でイベントを開催することもできます。

③土地やアイテムの売買

土地やアイテムの売買 Decentraland
(画像:Decentraland)

ディセントラランドでできることの3つ目は、土地やアイテムの売買です。前述の通り、ディセントラランドブロックチェーンを活用したメタバースプラットフォームであり、サービス内のマーケットプレイスで土地やアイテムを売買することが出来ます。また、アイテムやコンテンツを作成する機能も備わっているため、自分で作成したアイテムやコンテンツを販売して収益を上げることもできます。

ディセントラランドの特徴3選

ディセントラランドの特徴3選

ディセントラランドの特徴は以下の3つです。

 

  • ①DAO(分散型自立組織)による運営がされている点
  • ②MANAという独自仮想通貨がある点
  • ③クリエイター機能が充実している点

 

それぞれの特徴について分かりやすく解説していきます。

※メタバース/XR活用を検討する際に、必ず押さえておきたい5大メタバース/XRプラットフォームの特徴や活用方法、選び方をまとめた資料をダウンロード頂けます。
有名5大メタバース/XRプラットフォーム徹底比較の資料のダウンロードはこちら(無料)

①DAO(分散型自立組織)による運営がされている点

DAO(分散型自立組織)による運営がされている点 Decentraland
(画像:Decentraland)

特徴の1つ目が、DAO(分散型自立組織)による運営がされている点です。ディセントラランドは2015年からプロジェクトが開始されて、2017年にICO(新規仮想通貨公開)を実施しました。ICOにより、日本円にして約26億円のもの資金を調達した後、一般ユーザー向けに2020年にリリースされました。その後は、DAO(分散型自立組織)としてブロックチェーン上で世界中の人々が協力して管理・運営されています。

②MANAという独自仮想通貨がある点

MANAという独自仮想通貨がある点
(画像:CoinMarketCap)

特徴の2つ目が、MANA(マナ)という独自仮想通貨がある点です。DecentralandではMANAを活用して、土地やアイテムなどを売買することが出来ます。過去には約3億7000万円でDecentralandの土地が売買されたこともあり、世界的にかなり注目されています。

③クリエイター機能が充実している点

クリエイター機能が充実している点 Decentraland
(画像:Decentraland)

特徴の3つ目が、クリエイター機能が充実している点です。Decentralandでは、専用のクリエイターツールを使うことで、開発経験のない人でもアイテムやゲームを簡単に作成することができます。一般的に、メタバース上のアイテム作成をするためには、3Dモデリングやゲームプログラミングの知識が必要であるため、クリエイター機能が充実しているという特徴がクリエイターによるコンテンツ制作を促進しています。

メタバース/XR活用の個別無料相談会実施中

メタバース総研では、メタバース/XR活用の個別無料相談会を実施しています。

各社様のメタバース/XR活用に関する課題解決に向け、最新の市場動向や具体的な活用アイデアなどを、個別のオンラインMTGにて、無料でご紹介させていただきます。

 

以下のようなお悩みをお持ちのご担当者様は、この機会にぜひお申込みください。

  • 興味はあるが、そもそも活用するかどうか迷っている
  • 自社に合った活用方法へのアドバイスが欲しい
  • 自社の企画の参考になる活用事例を知りたい
  • どのように活用を進めていけば良いか分からず困っている

メタバース/XR活用の個別無料相談会の詳細はこちら

お役立ち資料

関連するサービス

メタバースコンサルティング

メタバースコンサルティング

リサーチから企画・開発・運用まで
一気通貫でご支援いたします。

さらに詳しく>

メタバース開発サービス

メタバース開発サービス

貴社の目的やご要望に合わせた
最適なメタバースを開発いたします。

さらに詳しく>

このナレッジの著者

メタバース総研 代表取締役社長

今泉 響介

慶應義塾大学経済学部卒業。学生起業した事業を売却した後、日本企業の海外マーケティングを支援する株式会社Rec Loc を設立して代表取締役社長に就任。メタバースのビジネス活用を支援するメタバース総研を設立して代表取締役社長に就任。

お問い合わせ

お客様のメタバース活用推進に向け、戦略策定から実行支援までサポートします。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

まずは問い合わせてみる >

個別無料相談

ご担当者様のお悩み解決に向けたアイデアや情報を無料でご提供いたします。お気軽にご相談ください。

個別無料相談

無料で相談する >

資料ダウンロード

各種サービス資料やお役立ち資料をダウンロードいただけます。メタバース活用をご検討の方はぜひご一読ください。

資料ダウンロード 資料をダウンロードする >