メタバースにAIを活用する6つのメリット|おススメツール3選も紹介

ここ数か月、ChatGPTを中心に生成系AIの進化が注目を集めています。

生成系AIはChatGPTのようなテキストだけでなく、画像や3DCGも作成できるため、メタバースの発展にも大きく貢献すると期待されています。

 

一方、AIとメタバースの関係性を知りたい、AIをメタバースに活用する方法の具体的なイメージが湧かないという方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、メタバースにAIを活用する6つのメリットをオススメのAIツールと合わせて分かりやすくご紹介します。

本記事は、以下のような方におすすめの記事となっています。

 

  • メタバースにAIを活用する具体的なメリットが分からない
  • どんなAIツールがあるのか知りたい
  • AIの活用により、メタバースがどう発展していくのか気になる

 

本記事を読めば、メタバース開発にAIを活用するメリットから今後の展望まで一気にキャッチアップできる内容となっておりますので、ぜひ最後までご一読ください。


また、メタバース総研では、メタバース活用を検討する上で押さえておきたい、基礎知識やノウハウを一冊にまとめたガイドブックを無料で配布しています。

ご興味のある方は、以下リンクからダウンロードしてご活用ください。

【担当者必見】メタバース/XRの活用ガイドブックのダウンロードはこちら(無料)

そもそもメタバースとは

そもそもメタバースとは VRChat
(画像:VRChat

メタバースとは一言でいうと、人々が様々な活動を行うことのできるインターネット上の3次元の仮想空間のことを指します。

 

メタバースの語源は「超越」を意味する「meta」と「世界」を意味する「universe」を組み合わせた造語だと言われています。メタバースという言葉が世界で初めて使われたのは、1992年にニール・スティーヴンスン氏が発表したSF小説「スノウ・クラッシュ」です。

 

メタバースにおいて、ユーザーはアバターと呼ばれる自身の分身の姿でメタバース空間にアクセスし、他のユーザーとコミュニケーションや経済活動を行うことができます。例えば、集まって会話をしたり、イベントやスポーツ、買い物などを楽しむことができます。

 

一般ユーザーに広く普及しているメタバースサービスとして、「Fortnite」や「Roblox」、「どうぶつの森」などのゲーム型のメタバース、「VRChat」や「Cluster」などのSNS型のメタバースが挙げられます。

 

メタバースへのアクセス方法としては、スマホやPCからもアクセス可能ですが、Apple Vision ProやMeta Questのようなヘッドマウントディスプレイからアクセスすることにより、より世界に没入したような体験が可能になります。

 

※メタバース/XRの基礎知識からビジネス活用方法と最新事例、進め方までをまとめた資料をダウンロード頂けます。
【ゼロから分かる】メタバース/XRのビジネス活用ガイドブックの資料ダウンロードはこちら(無料)

メタバースとAIの関係性|AIをメタバースに活用する6つのメリット

メタバースとAIの関係性|AIをメタバースに活用する6つのメリット

メタバースとAIの関係性について、AIをメタバースに活用するメリットとして以下の6つが挙げられます。

  • ①パーソナライズされたユーザー体験
  • ②よりリアリティ・没入感の高いユーザー体験
  • ③同時翻訳による言語の壁を超えたコミュニケーション
  • ④仮想キャラクターとのより自然なコミュニケーション
  • ⑤ワールド・コンテンツ制作の効率化、サポート
  • ⑥ハッキングや嫌がらせなどの不正行為の検出・パトロール

それぞれをわかりやすく解説していきます。

①パーソナライズされたユーザー体験

AIの自己学習により、メタバース内でパーソナライズされたユーザー体験を提供することが可能になります。メタバース内では、従来の2Dのサービスと異なり、ユーザーの全ての行動をデータ化することが可能です。それらのデータをAIが自己学習し、ユーザーの興味や行動の特徴をもとに、各ユーザーに最適なUI、UXにカスタマイズして提供できます。

 

例えばゲームであれば、ユーザーごとにイベントやキャラクターの会話内容が変わるといった仕掛けが可能です。

②よりリアリティ・没入感の高いユーザー体験

よりリアリティ・没入感の高いユーザー体験 バンダイナムコ
(画像:バンダイナムコ)

AIの自然言語処理や画像認識などの技術によって、リアリティの高いメタバース空間を構築することができます。生成系AIの進化により、メタバース内のオブジェクトやキャラクターをAIが作成し、現実に近い形で再現することが可能になっており、ユーザーはリアルな世界と近い感覚でメタバース内での活動を楽しむことが可能です。

 

さらに、①のパーソナライズとも関連しますが、ユーザー自身の選択により次に起きる展開が変わることで、ユーザーは自分自身がメタバース内で起こる出来事に関与しているという感覚が強くなり、没入感が高まる事も期待されます。

 

また、リアリティや没入感の高いユーザー体験を実現する為には、高解像度のグラフィックスを実現するデバイスや5Gなどの高速な通信技術も重要となります。詳しくは以下の関連記事で解説しています。

 

※関連記事:【2023年最新】メタバース開発に必要な13の技術や仕組みを紹介

③同時翻訳による言語の壁を超えたコミュニケーション

200 languages within a single AI model: A breakthrough in high-quality machine translation
(動画:Meta)

AIの同時翻訳機能により、世界中のユーザーと言語の壁を超えたコミュニケーションが可能になります。メタバースは、物理的制約がないため世界中からユーザーが集まることができるという特徴がある一方で、異なる言語を話すユーザー同士のコミュニケーションが大きな課題でした。しかし、AIによる同時翻訳の精度は年々向上しており、あらゆるユーザーが同時翻訳によって言語の壁を超えて会話できるようになると考えられます。

 

実際に、Meta社は2022年に200の言語を同時翻訳できるAIの「Babelfish」を開発中と発表しており、メタバース空間での実用化が期待されます。

④仮想キャラクターとのより自然なコミュニケーション

仮想キャラクターとのより自然なコミュニケーション NVIDIA
(画像:NVIDIA)

AIによって、メタバース空間内の仮想キャラクターが、人間のような自然なコミュニケーションを取ることができるようになります。主にゲームにおいて、NPC(Non Player Character)と呼ばれるプレイヤーが操作しないキャラクターが多数登場しますが、従来のNPCはプログラムされた通りの決まったセリフしか発しないものでした。これに対し、生成AIにより生み出されたNPCは、まるでプレイヤーが操作しているキャラクターと同じように、ユーザーの言葉を汲み取って自然な会話ができるようになります。

 

これにより、仮想キャラクターとの会話自体を楽しむという新たな体験が生まれることが期待されます。

⑤ワールド・コンテンツ制作の効率化、サポート

ワールド・コンテンツ制作の効率化、サポート NVIDIA
(画像:NVIDIA)

AIによって、ラフな下書きや写真、テキスト、音声などから3DCGを作れるようになり、質の高いワールドやコンテンツを低コストで作ることが可能になります。近年MetaやGoogleといったビックテックを中心に、メタバースを構築する3DCGをテキスト入力や音声の指示などによって作成できるAIツールが開発されており、一部は既に実用化されています。企業や開発者は、これらのツールを活用してハイエンドのエンジニア人材に頼らずに質の高いワールド・コンテンツを作成し提供することが可能です。

 

また、ユーザー自身もこれらのAIツールを活用することで、良質なコンテンツを作成できるようになります。これにより、Robloxのようにユーザー自身が作ったコンテンツであるUGC(User Generated Content)によって成り立っているメタバースは、今まで以上に質、量ともに充実したコンテンツを抱えるサービスへと成長できます。

 

実際、Robloxは生成系AIがゲーム作成を手助けしてくれるツールの提供を2023年から開始しており、今後のトレンドとなっていくでしょう。

 

※メタバース活用を検討する際に、必ず押さえておきたい5大メタバースプラットフォームの特徴や活用方法、選び方をまとめた資料をダウンロード頂けます
有名5大メタバースプラットフォーム徹底比較資料のダウンロードはこちら(無料)

⑥ハッキングや嫌がらせなどの不正行為の検出・パトロール

AIが異常な行動パターンを検知し、ハッキングや嫌がらせを未然に防ぐことに貢献します。メタバース空間は、法整備の遅れや顔や名前を明かさずに活動できることからリアルの場と比べて秩序を保つ仕組み作りが難しく、運営によるパトロールの重要度が高くなっています。これに対し、運営側はAIを活用することで、効率的なパトロールが可能です。

 

また、AIによって自動的にハラスメント等を防ぐ仕組みを作ることも可能です。例として、Meta社の提供するメタバースサービス「Horizon worlds」では、ユーザーが安心して滞在できる環境作りとしてハラスメント対策などが行われています。詳しくは以下の関連記事で解説しています。

 

⇒関連記事:【事例あり】メタバース・ハラスメントとは?企業の責任や対策も解説

注目のメタバース向けAIツール3選

メタバース開発に活用できる注目のAIツールとして、以下の3つが挙げられます。

  • ①MetaのProject CAIRaoke:音声によるメタバース構築が可能に
  • ②NVIDIAのNVIDIA Avatar Cloud Engine for Games:仮想キャラクターとリアルな人間同士のような会話が可能に
  • ③GoogleのDreamFusion:テキストを基に3Dモデルを生成

それぞれのツールの特徴、できることをわかりやすく紹介します。

 

⇒関連サービス:メタバース総研の開発・運用サービスはこちら

①MetaのProject CAIRaoke:音声によるメタバース構築が可能に

Builder Bot demo
(動画:Meta)

Meta社は2022年、メタバース用AIアシスタント「Project CAIRaoke」を発表し、その中の「Builder Bot」という機能により音声によるメタバース構築が可能になると明かしています。Project CAIRaokeは会話型AIと呼ばれるAIで、人間でいう秘書のように音声で相談事を話すとサポートしてくれます。例えば、レストランの予約をAIに頼むこともできます。

 

また、Builder Botという機能では、メタバースのワールド構築におけるオブジェクトの設置やアバターのデザインを会話ベースで指示することが可能です。「ヤシの木を置いて」というオブジェクトの指示や、「アバターをゴーギャン風のファッションにして」という指示をするだけで、AIが指示通りに作成してくれます。

 

将来的にVR/ARデバイスのUIは会話型AIになると考えられており、Apple社も発売予定の「Vision Pro」では音声による操作が可能になると発表しています。

 

⇒関連サービス:メタバース総研のApple Vision Pro向けサービス開発支援の概要はこちら

②NVIDIAのNVIDIA Avatar Cloud Engine for Games:仮想キャラクターとリアルな人間同士のような会話が可能に

NVIDIA ACE for Games Sparks Life Into Virtual Characters With Generative AI
(動画:NVIDIA)

NVIDIAは2023年5月に「NVIDIA Avatar Cloud Engine for Games(NVIDIA ACE for Games)」を発表し、仮想キャラクターとリアルな人間同士のように会話ができるデモ動画も公開しました。開発者は、NVIDIA ACE for Gamesを活用してAIモデルを取り込んだゲーム、ソフトウェアを開発することが可能になります。

 

デモ動画では、プレイヤーはゲーム内の仮想キャラクターであるラーメン店の店主と、リアルな人間同士と遜色ない自然な会話を展開しています。今までのゲームでは、NPC(Non Player Character)との会話はゲームをクリアするための情報を得ることが主な目的で、NPCは決められたセリフを繰り返すのみでしたが、今後はNPCとの会話自体も楽しめるようになり、ユーザーに新たな体験価値を提供できると予想されます。

 

※参照:NVIDIA ACE for Games が生成 AI で仮想キャラクターに 命を吹き込む

③GoogleのDreamFusion:テキストを基に3Dモデルを生成

(動画:Google)

Googleの「DreamFusion」は、テキストを入力するだけで3Dモデルを生成することが可能なツールです。「ハンバーガー」「木彫りのワシ」といった簡単な指示から、「ろくろの前に座り年度の器を作るリス」「真っ二つに割れた卵の殻とその隣に立つ可愛らしいひよこ」といった複雑な指示まで、AIが3Dモデルに反映してくれます。

 

DreamFusionの特徴として、生成する3Dモデルのクオリティが高いこと、生成した3Dモデルを更にテキストによる指示で何度も修正できることが挙げられます。一方、1つの3Dモデル生成に1時間以上かかる場合もあり、生成時間を短縮することは今後の課題です。

 

他にもOpenAIの「Point-E」やNVIDIAの「Magic3D」などもテキストから3Dモデルを作成できるAIツールであり、今後の発展が期待されます。

 

※参照:DreamFusion

AI活用で広がるメタバースの可能性

メタバースの市場成長の大きなドライバーとして、いかにUGC(User Generated Content)が活発に生み出される環境が整うかが極めて重要です。このUGCの活発化に向け、昨今ChatGPTなどで話題の生成系AIの進化が大きく貢献すると考えられます。

 

これまでのUGCの活発化に向けた課題として、3DCGコンテンツを作成するには、専門ツールで長時間かけて制作する必要があるなど、一般ユーザーにはかなりハードルが高い点が存在しました。

 

そんななか、Googleの提供する「DreamFusion」やNVIDIAの提供する「Magic3D」など、入力したテキストに応じてAIが3Dモデル/3DCGを自動で生成してくれる画期的なツールが登場し始めています。

 

このようなツールの活用により、ユーザーが理想を思い描くだけで自由自在に3DCGコンテンツを作成できるようになれば、メタバース上のコンテンツは加速度的にリッチになり、同時に体験価値も高まることが予想されます。

 

このように、生成系AIをうまく活用したツール・開発基盤の提供により、多くのユーザーをクリエイター化に成功すれば、各メタバースや市場全体のこれまで以上の成長が期待できます。ビックテックを筆頭とする各社の今後の動向から目が離せません。

費用対効果・実現性が高いメタバース活用方法

メタバースの知見が不足しており、メタバース活用の企画や開発に課題を抱えていませんか?

そのような課題はメタバース総研のコンサルティング・開発支援サービスで解決することができます。

是非メタバース総研にお問い合わせください。

豊富な経験・ナレッジを活かした戦略・企画策定

3つの理由

数多くの企業様に対するコンサルティングや国内最大級のビジネス特化型メタバースメディアの運営で培った豊富な知見を活用し、成果につながる戦略・企画を策定します。

強力なパートナーシップによる最適なアプローチ設計

3つの理由

各領域の業界を代表するソリューション提供企業とのパートナーシップを構築。案件毎に中立的な立場から、費用対効果の高いアプローチを設計します。

経験豊富なクリエイター・エンジニア・コンサルタントによる並走支援

3つの理由

業界トップクラスの経験/スキルを有するクリエイター・エンジニア・コンサルタントから、最適なメンバーをアサイン。戦略立案から実行まで並走し、社内のリソース不足を解決します。

「課題や依頼内容が明確になっていない」、「社内で合意が取れていない」場合でも問題ございません。メタバース総研へのお問い合わせをお待ちしております。

メタバース/XR活用の個別無料相談会実施中

メタバース総研では、メタバース/XR活用の個別無料相談会を実施しています。

各社様のメタバース/XR活用に関する課題解決に向け、最新の市場動向や具体的な活用アイデアなどを、個別のオンラインMTGにて、無料でご紹介させていただきます。

 

以下のようなお悩みをお持ちのご担当者様は、この機会にぜひお申込みください。

  • 興味はあるが、そもそも活用するかどうか迷っている
  • 自社に合った活用方法へのアドバイスが欲しい
  • 自社の企画の参考になる活用事例を知りたい
  • どのように活用を進めていけば良いか分からず困っている

メタバース/XR活用の個別無料相談会の詳細はこちら

お役立ち資料

関連するサービス

メタバースコンサルティング

メタバースコンサルティング

リサーチから企画・開発・運用まで
一気通貫でご支援いたします。

さらに詳しく>

メタバース開発サービス

メタバース開発サービス

貴社の目的やご要望に合わせた
最適なメタバースを開発いたします。

さらに詳しく>

このナレッジの著者

メタバース総研 代表取締役社長

今泉 響介

慶應義塾大学経済学部卒業。学生起業した事業を売却した後、日本企業の海外マーケティングを支援する株式会社Rec Loc を設立して代表取締役社長に就任。メタバースのビジネス活用を支援するメタバース総研を設立して代表取締役社長に就任。

お問い合わせ

お客様のメタバース活用推進に向け、戦略策定から実行支援までサポートします。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

まずは問い合わせてみる >

個別無料相談

ご担当者様のお悩み解決に向けたアイデアや情報を無料でご提供いたします。お気軽にご相談ください。

個別無料相談

無料で相談する >

資料ダウンロード

各種サービス資料やお役立ち資料をダウンロードいただけます。メタバース活用をご検討の方はぜひご一読ください。

資料ダウンロード 資料をダウンロードする >