Vision Pro向けアプリ制作の進め方|必要ツール6選も紹介

Vision Pro 制作

2023年6月に、遂にAppleから初のXRデバイスである「Apple Vision Pro」が発表され、魔法のような新たな体験を実現する、同社の長年のプロダクトデザインの集大成として、大きな注目を集めています。

 

そんな中、新たなビジネスチャンス獲得のためにVision Pro向けアプリ開発を検討している方も多いのではないでしょうか。

  

そこで今回は、Apple Vision Pro向けアプリの制作の進め方について、必要なツールや技術とともに分かりやすくご紹介します。

 

本記事は、以下のような方におすすめの記事となっています。

 

  • Vision Proでどのようなアプリを制作できるのか知りたい
  • Vision Pro向けアプリの制作に必要なツール・技術を知りたい
  • Vision Pro向けアプリの制作の始め方を知りたい

 

本記事を読めば、Apple Vision Pro向けアプリ制作の全体像を一気にキャッチアップできる内容となっておりますので、ぜひ最後までご一読ください。


また、メタバース総研では、メタバース活用を検討する上で押さえておきたい、基礎知識やノウハウを一冊にまとめたガイドブックを無料で配布しています。

ご興味のある方は、以下リンクからダウンロードしてご活用ください。

【担当者必見】メタバース/XRの活用ガイドブックのダウンロードはこちら(無料)

目次

そもそもApple Vision Proとは?

そもそもApple Vision Proとは?
(画像:Apple)

Apple Vision Proは、2023年6月に発表された、Apple初のゴーグル型XRヘッドセットデバイスです。Appleは、このデバイスをPC、スマートフォンにとって変わる「空間コンピューティング」デバイスとして発表しています。

 

そもそもApple Vision Proとは?
(画像:Apple)

発表会では、Apple Vision Proを装着して、映画やゲームなどのエンタメ体験だけでなく、デスクワークや製品の設計・シミュレーションなどでの利用が紹介され、日常生活からビジネスユースまで幅広い用途で利用されるデバイスとして開発されていることが伺えます。

 

Apple Vision Pro
(画像:Apple)

Apple Vision Proは、Appleが「MacbookやiPhone、Apple Watchなど、長年開発してきた数々のプロダクトデザインの集大成」と発表しています。

 

そのため、Meta Questなどの既存のXRデバイスと比べ、圧倒的な性能の高さと使いやすさを実現するのではと、世界中から大きな注目を集めています。

 

本デバイスの価格は日本円で約50万円で、2024年初頭にアメリカで発売された後、2024年中にその他の国と地域でも販売される予定です。

 

※これさえ読めば、Apple Vision Proのスペック・機能・できることが全てわかる、最新情報をまとめた資料をダウンロード頂けます。
【3分で分かる】Apple Vision Pro徹底解説の資料ダウンロードはこちら(無料)

Apple Vision Pro向けアプリの2つの種類

Apple Vision Pro向けアプリの2つの種類

ゲーム開発プラットフォーム最大手のUnityは、Apple Vision Pro向けアプリの開発サポートを発表しており、Unityの定義するApple Vision Proアプリの種類としては以下の2つが挙げられます。

 

  • ①Immersive:現実世界と連動する没入型のAR/MRアプリ
  • ②Fully Immersive:現実世界から遮断された完全没入型のVRアプリ

 

それぞれについて分かりやすく紹介していきます。

①Immersive:現実世界と連動する没入型のAR/MRアプリ

Immersive:現実世界と連動する没入型のAR/MRアプリ
(画像:Unity)

Immersiveアプリは、現実世界と連動するアプリであり、AR/MRアプリと似たような概念と言えます。また、Immersiveアプリにも大きく2つのタイプがあり、それらは「Bounded volumes」「Unbounded volumes」と呼ばれます。

 

Bounded volumesとは、Webブラウザやメモアプリなど、複数のアプリを使用できるShared Space上で動作するアプリを指します。Share Spaceとは、Shared Spaceは、複数のアプリを共有しているスペースです。Macでいうとデスクトップのようなもので、複数のアプリを同時に使うことができます。各アプリは”window”という画面を持ち、好きな場所やサイズで使うことができます。

 

Apple Vision Proでは、既存のiOSアプリも利用できますが、それらのアプリがBounded volumesの一例になります。

 

Unbounded volumesとは、空間上で1つのアプリだけが利用できるFull Space上で動作するアプリを指します。Full Spaceとは特定のアプリのwindowや3Dオブジェクトだけが視野全体に表示される空間です。

 

Unbounded volumesでは、Unityが提供しているXR開発向けのライブラリである、AR FoundationやHand packageなどの機能を利用することができます。

②Fully Immersive:現実世界から遮断された完全没入型のVRアプリ

Fully Immersive:現実世界から遮断された完全没入型のVRアプリ
(画像:Rec Room)

Fully Immersiveは、現実世界から遮断された完全没入型のアプリであり、VRアプリと似たような概念と言えます。ハンドトラッキング機能をサポートしており、VR空間上の物体を掴んだり、移動したりといった操作を容易に行うことができます。

 

マルチプレイのVRソーシャルゲームのRec Roomは、既にApple Vision Pro対応が発表されており、今後も主要なVRアプリのApple Vision Pro対応が実施されていくと想定されます。

Apple Vision Pro向けアプリの開発に必要な6つのツール

Apple Vision Pro向けアプリの開発に必要な6つのツール

Apple Vision Proアプリの開発に必要なツールとして以下の6つが挙げられます。

 

  • ①Xcode:Appleが提供する統合開発環境(IDE)
  • ②SwiftUI:アプリをデザインできるUIフレームワーク
  • ③RealityKit:3Dコンテンツを実装できる3Dレンダリングエンジン
  • ④ARKit:AR機能を実装できるARフレームワーク
  • ⑤Reality Composer Pro:Vision Pro向け3Dコンテンツ作成ツール
  • ⑥Unity:Vision Proアプリ開発をサポートするゲームエンジン

 

それぞれについて分かりやすく紹介していきます。

 

※メタバース/XR開発ツールを選ぶ際の3つのポイントや主要5ツールの機能・料金の比較をまとめた資料をダウンロード頂けます。
メタバース/XR開発ツール選定ガイドブックの資料ダウンロードはこちら(無料)

①Xcode:Appleが提供する統合開発環境(IDE)

Xcode:Appleが提供する統合開発環境(IDE)
(画像:Apple)

Xcodeは、Appleが提供している統合開発環境(IDE)です。統合開発環境とは、アプリケーション開発のためのソフトウェアで、開発に必要となるツールを一つにまとめたものです。XcodeはVision Proを含むApple製端末で使用するアプリを開発するために利用されます。

 

Vision Proアプリ開発のためのコーディングや、テスト・リリースなど、Xcode上で全て実現できます。

②SwiftUI:Apple製アプリをデザインできるUIフレームワーク

SwiftUI:Apple製アプリをデザインできるUIフレームワーク
(画像:Apple)

SwiftUIは、Apple製アプリをデザインできるUIフレームワークです。SwiftUIを利用することで、シンプルなコーディングでUIを開発できるほか、書いたコードを素早くプレビュー画面に反映したりできるため、効率的な開発を行うことが出来ます。

 

Vision Proのアプリ開発にも利用可能であり、例えば視線に合わせたホバーエフェクトを実装するといったことを実現できます。

③RealityKit:3Dコンテンツを実装できる3Dレンダリングエンジン

RealityKit:3Dコンテンツを実装できる3Dレンダリングエンジン
(画像:Apple)

RealityKitは、アプリに3Dコンテンツやアニメーション、ビジュアルエフェクトなどを実装するための3Dレンダリングエンジンです。例えば、物理的な照明条件に合わせて自動的に影を付けるといったように、Apple Vision Proのアプリをよりリッチに表現することができます。

④ARKit:AR機能を実装できるARフレームワーク

ARKit:AR機能を実装できるARフレームワーク
(画像:Apple)

ARKitは、周囲の環境を認識しARコンテンツを配置するといったAR機能の実装に必要なARフレームワークです。その機能には、平面検知や現実世界のオブジェクト認識、ハンドトラッキングなどがあります。

 

ARKitを利用することで、水のしぶきを壁に散らしたり、床の上にボールを跳ねさせたりと、現実の世界と融合したコンテンツを作り出すことが可能になります。

⑤Reality Composer Pro:Vision Pro向け3Dコンテンツ作成ツール

Reality Composer Pro:Vision Pro向け3Dコンテンツ作成ツール
(画像:Apple)

Reality Composer Proは、Vision Proアプリ向けに提供される3Dコンテンツを簡単に作成・編集・プレビューできるツールです。最新バージョンのXcodeには標準的に搭載されています。

 

Reality Composer Proを利用することで、球体などのオブジェクトを作成し、空間上に配置することが可能になります。

⑥Unity:Vision Proアプリ開発をサポートするゲームエンジン

Unity:Vision Proアプリ開発をサポートするゲームエンジン
(画像:Unity)

Unityは、世界最大のゲームエンジンであり、Vision Proアプリ開発のサポートも発表されています。Unityを利用することで、3Dコンテンツの制作やAR/VR機能の実装などを行うことが出来ます。

 

Vision Pro向けの新規アプリ開発のほか、Unityで作成した既存のアプリをVision OS向けに再構築することもできます。

Apple Vision Pro向けアプリ開発を進めるための3STEP

Apple Vision Pro向けアプリ開発を進めるための3STEP

Apple Vision Proアプリの開発は以下の3ステップで始めることができます。

 

  • ①Xcodeのインストール
  • ②新規プロジェクトの作成
  • ③シミュレーターの起動

 

それぞれのステップについて分かりやすく紹介していきます。

 

※メタバース/XRの開発を検討する際に、必ず抑えておきたい、企画〜開発までの4つのステップやポイントをまとめた資料をダウンロード頂けます。
【完全版】メタバース/XR開発ガイドブックの資料ダウンロードはこちら(無料)

①Xcodeのインストール

Xcodeのインストール
(画像:Apple)

1つ目のステップは、Vision Proアプリの開発環境となるXcodeのインストールです。Appleの公式ページよりXcodeをダウンロードした後、起動するとインストールが開始されます。

 

Xcode 15.1 beta版以降のバージョンでVision OSの開発がサポートされており、特に理由がなければ最新バージョンをダウンロードすることをおすすめします。

②新規プロジェクトの作成

Xcode 新規プロジェクトの作成
(画像:Apple)

2つ目のステップは、新規プロジェクトの作成です。インストールしたXcodeの起動後、「Create New Project」をクリックします。クリック後の画面で開発するOSを選択できますので、「Vision OS」をクリックしましょう。

③シミュレーターの起動

Xcode シミュレーターの起動
(画像:Apple)

3つ目のステップはシミュレーターの起動です。シミュレーターとは、Vision Proの実機がなくとも、アプリの動作確認ができるシミュレーションソフトのことを指します。

 

初回プロジェクト作成時には、VisionOSのシミュレーターが自動的にダウンロードがされるので、ダウンロード後にシミュレーターを起動するとサンプルアプリの動作を確認することが出来ます。

Apple Vision Proの代表的な9つの用途

Apple Vision Proの代表的な9つの用途

Apple Vision Proは、日常生活からビジネスユースまで幅広い用途での利用が可能です。

その中でも、特に代表的な用途として、以下の9つが挙げられます。

 

  • ①圧倒的な没入感を誇る3Dエンタメ体験
  • ②3D動画による思い出のシーンの記録・追体験
  • ③ディスプレイ不要のバーチャルデスクワーク
  • ④リモートでの同僚との効率的なコラボレーション
  • ⑤実店舗を訪れたかのような新たなEC体験
  • ⑥没入感の高い3D体験と双方向性を生かした教育・研修
  • ⑦3Dの視覚情報を活かした建物や製品の設計・デザイン
  • ⑧建物や製造ラインなどのシミュレーション
  • ⑨バーチャルサポートによる現場での作業効率化

 

それぞれについて分かりやすく紹介していきます。

 

※メタバース/XRの活用を検討する際に、必ず抑えておきたい、Apple Vision Proの概要や7つのビジネスチャンス、その掴み方をまとめた資料をダウンロード頂けます。
【3分で分かる】Apple Vision Pro徹底解説の資料ダウンロードはこちら(無料)

①圧倒的な没入感を誇る3Dエンタメ体験

Apple Vision Pro アメフト
(画像:Apple)

Apple Vision Proによって、映画やゲーム、スポーツ観戦など様々なエンタメ体験は新たなレベルに進化すると期待されます。

 

Apple Vision Pro 映画
(画像:Apple)

例えば、リビングにいながら、大画面・立体音響で3D映画を楽しんだり、自分がコートに立っている視点でスポーツ観戦を楽しんだりと、没入感や臨場感の高い新しいエンタメ体験を楽しむことができます。

②3D動画による思い出のシーンの記録・追体験

Apple Vision Pro 3D動画による思い出のシーンの記録・追体験
(画像:Apple)

Apple Vision Proでは、3Dカメラによって、目の前で起きたシーンをそのまま切り取るように録画することが可能です。

 

その後、記憶に残したいシーンをいつでも後から追体験し、まるで撮影した時・場所にタイムスリップしたかのような全く新しい体験をすることができるとのことです。

 

例えば、思い出に残しておきたい、子供が初めて歩いた瞬間や、誕生日会の様子などを何度も体験できるようになるため、従来の写真や動画の概念を大きく変える可能性を秘めています。

③ディスプレイ不要のバーチャルデスクワーク

Apple Vision Pro ディスプレイ不要のバーチャルデスクワーク
(画像:Apple)

Apple Vision Proでは、自分の目の前に好きな数・サイズ・位置に、仮想のディスプレイを設置し、好きな場所でデスクワークをすることができます。

 

さらにApple製のPCやキーボード、マウスとの接続にも対応しているため、自分のバーチャルワークスペースを好みに合わせて最適化することが可能です。

④リモートでの同僚との効率的なコラボレーション

Apple Vision Pro リモートでの同僚との効率的なコラボレーション
(画像:Apple)

Apple Vision Proでは、リモート環境ながら、同僚とまるで一緒のオフィスにいるかのような効率的なコラボレーションを行うことが可能です。

 

従来のリモートコラボレーションの課題であった、スムーズな連携を、顔の位置から聞こえてくる音声や、通話と同時並行での資料投影・ホワイトボードの使用などの機能でカバーしているとのことです。

⑤実店舗を訪れたかのような新たなEC体験

Apple Vision Pro 実店舗を訪れたかのような新たなEC体験
(画像:Apple)

Apple Vision Proは、実店舗を訪れたかのような新たなEC体験への活用が注目されています。

 

従来のECでは難しかった、3Dモデルを活用した商品のサイズや形状の確認や、店員とのインタラクティブなコミュニケーションなど、実店舗を訪れたかのような新たな購買体験を実現できるのではと期待されています。

⑥没入感の高い3D体験と双方向性を生かした教育・研修

Apple Vision Pro 没入感の高い3D体験と双方向性を生かした教育・研修
(画像:Apple)

Apple Vision Proでは、没入感の高い3D体験と双方向性を生かした、効率の良い教育・研修を行うことができます。

 

従来教科書で理解するのが分かりづらかった、立体的な構造を3Dコンテンツで理解したり、対面でないと実施できなかった、インタラクションを伴う実践的な授業や研修をリモートで行ったりと、様々な活用が注目されています。

⑦3Dの視覚情報を活かした建物や製品の設計・デザイン

Apple Vision Pro 3Dの視覚情報を活かした建物や製品の設計・デザイン
(画像:Apple)

Apple Vision Proでは、バーチャル空間上で建物や製品の設計やデザインを行うことが可能です。

 

Apple Vision Proは、最大手のデザインツールの1つであるUnityとの連携を発表するなど、今後も様々なツールとの連携が想定され、よりデザイン・設計での活用が進んでいきそうです。

⑧建物や製造ラインなどのシミュレーション

Apple Vision Pro 建物や製造ラインなどのシミュレーション
(画像:Apple)

Apple Vision Proでは、建物や製造ラインなどのシミュレーションを行うことが可能です。

 

これらのシミュレーションの様子を、PC画面上の2Dではなく、現実世界と融合した3Dのインターフェースで確認することで、より精度の高いシミュレーションをすることができます。 

⑨バーチャルサポートによる現場での作業効率化

DHL バーチャルサポートによる現場での作業効率化
(画像:DHL)

Apple Vision Proは、装着した作業員が、状況に応じた必要な情報をゴーグルで理解するなど、倉庫や製造ラインなどでの現場での作業効率化への活用が期待されています。

 

従来の現場の作業におけるXRデバイス活用における課題として、コントローラーにより手が塞がってしまう点やデバイスが重く長時間の使用が難しい点が存在しました。

 

一方で、Apple Vision Proは、指のジェスチャーや目線、Siriでの音声入力による、直感的な操作が可能であり、重量も比較的軽量であるため、現場におけるXRデバイス活用を加速させる存在となりそうです。

企業がApple Vision Proをビジネスに活用する3大メリット

企業がApple Vision Proをビジネスに活用する3大メリット

企業がApple Vision Proをビジネスに活用するメリットとして以下の3つが挙げられます。

 

  • ①社内業務の効率化
  • ②既存事業の収益拡大
  • ③新規事業の創出

 

それぞれのメリットについて分かりやすく紹介していきます。

 

※300事例の分析に基づく、企業によるメタバース/XR活用方法の9つの定石と最新事例をまとめた資料をダウンロード頂けます。
メタバース/XR活用アイデア集の資料ダウンロードはこちら(無料)

①社内業務の効率化

Apple Vision Pro 社内業務の効率化
(画像:Apple)

1つ目のメリットは、社内業務の効率化です。

Apple Vision Proを活用することで、リモートでの会議・コラボレーションを円滑化したり、様々なシチュエーションを想定した実践的な研修を行ったり、工場などの現場の作業員の作業を視覚・音声情報でサポートしたりするなど、様々な社内業務を効率化することができます。

 

Apple Vision Proは、コントローラー不要のハンドジェスチャー等での操作が可能類似スペックのデバイスに対して軽量などの特徴を持つため、より業務への活用と相性が良いデバイスとして注目を集めています。

②既存事業の収益拡大

Apple Vision Pro 既存事業の収益拡大
(画像:Apple) 

2つ目のメリットは、既存事業の収益拡大です。

PCやスマホ向けに提供していたサービス/コンテンツを提供する企業が、それらをVision Proでも利用可能とすることで、既存事業を生かした新たな収益機会を獲得することができます。

 

例えば、エンタメ業界では、ウォルトディズニー社がVision Pro向けのコンテンツを提供することを発表しています。

 

具体的には、定額制の動画配信サービスDisney+をVision Proの発売当日から利用可能になる予定とのことです。

③新規事業の創出

Apple Vision Pro 新規事業の創出
(画像:Apple) 

3つ目のメリットは、新規事業の創出です。

Apple Vision Proは、 AppleのMacやiPhoneなどの長年のプロダクトデザインの集大成としてリリースされており、今後「スマホの次なるデバイス」として、多くの人々に日常的に利用されるようになるのではないかと言われています。

 

そのため、iPhoneの普及に伴い、あらゆる業界でスマホをベースとしたサービス/ビジネスが立ち上がったのと同様に、今後Apple Vision ProなどのARデバイスをベースとしたサービス/ビジネスが立ち上がっていくことが予想されます。

Apple Vision Proの活用を成功させるための5つのポイント

Apple Vision Proの活用を成功させるための5つのポイント

Apple Vision Proの活用を成功させるためのポイントとして以下の5つが挙げられます。

 

  • ①Vision Proの最新知見やメタバース/XR市場動向のキャッチアップ
  • ②活用目的の明確化と骨太な戦略策定
  • ③Apple Vision Proの特徴を活かした企画・UX設計
  • ④アジャイルアプローチによるプロジェクトの推進
  • ⑤強力な開発・運用体制の構築

 

それぞれについて分かりやすく紹介していきます。

 

※300事例の分析に基づく、企業のメタバース/XR活用でよくある失敗とベストプラクティスをまとめた資料をダウンロード頂けます。
メタバース/XRのビジネス活用しくじり大全の資料ダウンロードはこちら(無料)

①Vision Proの最新知見やメタバース/XR市場動向のキャッチアップ

1つ目のポイントは、Apple Vision Proの最新知見やメタバース/XR市場動向のキャッチアップです。

 

Apple Vision Proを最大限に活かすためには、Vision Proの機能・スペックや用途、Meta Questなど他のデバイスとの違いなどの最新の知見をキャッチアップすることが重要です。

 

また、Apple Vision Proのビジネス活用を検討する際には、現状のメタバース/XR市場の動向や先行事例が非常に参考になります。

 

Vision Proの活用には取り組むのに一定の予算や工数が必要となるため、自社にとって重要な最新動向や知見を押さえておくことが、成功確度の高い戦略・企画立案の大前提となります。

②活用目的の明確化と骨太な戦略の立案

2つ目のポイントは、Apple Vision Proを活用する目的の明確化と骨太な戦略の策定です。

 

現在メタバース活用に取り組む企業の中には、メタバース活用の取り組みが打ち上げ花火的に単発で終わってしまっている企業が見受けられます。

 

その結果、「活用のPDCAが回らない」「メタバース活用が小粒な施策の1つに留まってしまう」など大きな収益機会の獲得に繋がらないという結果に終わってしまいます。Vision Proの活用においても、同様の結果に終わってしまう可能性があります。

 

そのため、自社の経営課題を踏まえ、「活用によりどのような経営課題を解決したいのか?」「課題解決の打ち手としてなぜVision Proではないといけないのか?」といった明確な活用目的を整理した上で、中長期で目指す事業の姿や自社の強みの活用の仕方などの実現に向けた戦略を立案することが重要です。

③Apple Vision Proの特徴を活かした企画・UX設計

3つ目のポイントは、Apple Vision Proの特徴を活かしたユーザーファーストな企画・UX設計です。

 

Apple Vision Proの活用に当たって想定される失敗として、企業側の都合のみでサービス・体験を設計した結果、ユーザーに利用されず企業の活用の目的を達成できない結果に終わってしまうことが考えられます。

 

これを避けるためには、Apple Vision Proの特徴や既存のXRデバイスとの違いを踏まえたUX設計を心掛けることが重要です。「Vision Proならではの高い体験価値を届けられているか」や「ユーザーの利用にあたっての手間や負担が大きくないか」といった観点を考慮して設計に取り組みましょう。

④アジャイルアプローチによるプロジェクトの推進

4つ目のポイントは、アジャイルアプローチによるプロジェクトの推進です。

 

Apple Vision Proを取り巻くメタバース/XR市場は今後大きな成長が予想されているものの、いまだ成長期にあり、様々な業界の企業が中長期的な収益最大化に向け、最適な活用を模索している段階にあります。

 

このような新たな市場で勝負するにあたっては、最初から100点を取ることはできない前提で、完璧主義にならずにサービス開発を進める必要があります。計画と実行のプロセスを短いスパンで回し、仮説立案・実行・検証・施策立案のサイクルを何度も繰り返すことが、プロジェクトを机上の空論で終わらせないために重要です。

⑤強力な開発・運用体制の構築

5つ目のポイントは、強力なApple Vision Pro開発・運用体制の構築です。

 

高いユーザー体験と事業性を両立するApple Vision Pro向けアプリ/コンテンツの開発とマーケティングを含めた運用を実施しましょう。

 

開発・運用には幅広い領域の知見や技術スタックが求められるため、外部のベンダーなどを活用し、不足するケイパビリティやリソースを補完することも有効です。

企業がメタバース活用を進めるための4つのフェーズ

企業がメタバース活用を進めるための4つのフェーズ

企業のメタバース活用の進める流れとして、大きく以下の4つのフェーズが挙げられます。

 

  • Phase1:市場動向・知見のキャッチアップ
  • Phase2:戦略/企画の立案
  • Phase3:事業計画の策定
  • Phase4:開発・運用

 

それぞれのフェーズについて分かりやすく紹介していきます。

 

※メタバース/XRのコンサル/開発会社を選ぶ際のポイント4つやおすすめ企業11社の比較をまとめた資料をダウンロード頂けます。
メタバース/XRのコンサル/開発会社選定ガイドブックの資料ダウンロードはこちら(無料)

Phase1:市場動向・知見のキャッチアップ

1つ目のPhaseとして取り組むべきは、最先端の市場動向・知見のキャッチアップです。MetaやApple、Microsoftなどのビックテックやユーザーの動向・先行活用事例など、日々変化する市場動向やナレッジへのキャッチアップが必要です。

このフェーズが、成果に繋がる骨太な戦略/企画策定の基盤となります。

Phase2:戦略/企画の立案

2つ目のPhaseはメタバース活用の戦略/企画です。活用目的を踏まえ、中長期で目指す事業の姿や自社の強みの活用の仕方、実現に向けた企画を立案しましょう。

ユーザーバリューと自社の事業性の両方を満たす、質の高い戦略/企画の立案が、成果につながるメタバース活用の実現に向け最も重要なポイントとなります。

Phase3:事業計画の策定

3つ目のPhaseは事業計画の策定です。事業に期待する成果や開発・運用のアプローチやタイムライン、必要な投資額などを検討しましょう。

メタバース開発・運用といっても、プロジェクト毎に求められるケイパビリティは様々であるため、自社にマッチするツール・ベンダーの選定が非常に重要です。

Phase4:開発・運用

4つ目のPhaseが開発・運用です。メタバース開発・運用には幅広い領域の知見や技術スタックが求められるため、外部のベンダーなどを有効活用し、不足するケイパビリティやリソースを補完しつつ、ユーザーに届けたい体験を実現するメタバースの開発とマーケティングを含めた運用を実施しましょう。 

 

4つのフェーズで取り組むべき35のステップに関しては、以下の関連記事で詳しく解説しています。

 

※関連記事:メタバースを活用した事業を作る方法|全4フェーズと35ステップ【担当者必見】

メタバース/XR活用の個別無料相談会実施中

メタバース総研では、メタバース/XR活用の個別無料相談会を実施しています。

各社様のメタバース/XR活用に関する課題解決に向け、最新の市場動向や具体的な活用アイデアなどを、個別のオンラインMTGにて、無料でご紹介させていただきます。

 

以下のようなお悩みをお持ちのご担当者様は、この機会にぜひお申込みください。

  • 興味はあるが、そもそも活用するかどうか迷っている
  • 自社に合った活用方法へのアドバイスが欲しい
  • 自社の企画の参考になる活用事例を知りたい
  • どのように活用を進めていけば良いか分からず困っている

メタバース/XR活用の個別無料相談会の詳細はこちら

お役立ち資料

関連するサービス

メタバースコンサルティング

メタバースコンサルティング

リサーチから企画・開発・運用まで
一気通貫でご支援いたします。

さらに詳しく>

メタバース開発サービス

メタバース開発サービス

貴社の目的やご要望に合わせた
最適なメタバースを開発いたします。

さらに詳しく>

このナレッジの著者

メタバース総研 代表取締役社長

今泉 響介

慶應義塾大学経済学部卒業。学生起業した事業を売却した後、日本企業の海外マーケティングを支援する株式会社Rec Loc を設立して代表取締役社長に就任。メタバースのビジネス活用を支援するメタバース総研を設立して代表取締役社長に就任。

お問い合わせ

お客様のメタバース活用推進に向け、戦略策定から実行支援までサポートします。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

まずは問い合わせてみる >

個別無料相談

ご担当者様のお悩み解決に向けたアイデアや情報を無料でご提供いたします。お気軽にご相談ください。

個別無料相談

無料で相談する >

資料ダウンロード

各種サービス資料やお役立ち資料をダウンロードいただけます。メタバース活用をご検討の方はぜひご一読ください。

資料ダウンロード 資料をダウンロードする >