WebARとは?アプリARとの違いは?メリット・デメリットも解説

WebARとは?|アプリARとの違いは?メリット・デメリットも解説

ポケモンGOの流行により、多くの注目を集めたARですが、ゲーム、エンタメ、小売など既に幅広い業界で活用が進んでおり、自社での活用を検討されている方も多いのではないでしょうか?

 

一般的に普及するARは専用アプリを通じて提供されていますが、近年Web経由でARを提供するWebARが注目を集めています。

 

そこで今回は、WebARとアプリARの違いやメリット・デメリットを解説します。

本記事を読めば、自社のAR活用にあたり、WebARとアプリARのどちらを選択すべきかのヒントになると思いますので、ぜひ最後までご一読ください。

WebARとは

WebARとは、QRコードやURLを読み込むだけで手軽に利用できるタイプのARのことを指します。そのため、ユーザーは専用アプリをDLすることなく、スムーズに利用することができます。

WebARとアプリARとの違いとは

アプリARは体験するのに専用アプリのDLを必要とするタイプのARになります。WebARとアプリARには様々な観点で違いが存在するのですが、特に大きい違いは、利用にあたり、アプリDLの手間がかかるかどうか、開発にどの程度の費用・期間を要するかという2点になります。

WebARとアプリARのメリット・デメリット

WebARとアプリARのメリット・デメリット

WebARの3つのメリット

WebARのメリットとして以下の3つが挙げられます。

  • ➀アプリDLが不要で、多くの人に利用してもらうことができる
  • ②開発にかかる費用や期間が抑えられる
  • ③Webサイトとの相性が良く、顧客導線に組み込みやすい

➀アプリDLが不要で、多くの人に利用してもらうことができる

WebARの1つ目のメリットは、アプリDLが不要で多くの人に利用してもらうことができる点です。商品パッケージなどに印刷されたQRコードやURLからすぐにアクセスすることができるので、ARにアクセスする時点で強いインセンティブの無いユーザーに利用してもらうことができます。具体的にはプロモーションへの活用や店頭や屋外イベント会場での活用などと相性が良いのが特徴です。

②開発にかかる費用や期間が抑えられる

WebARの2つ目のメリットは、開発にかかる費用や期間が抑えられるという点です。アプリARを開発する場合、1からアプリを構築しなければならないのはもちろん、iOSとAndroidの両方に対してサービスを開発しなければなりません。アプリ開発に多くのリソースをかけられない企業や、体験を提供したい時期までリードタイムがかけられない企業と相性が良いです。

③Webサイトとの相性が良く、顧客導線に組み込みやすい

WebARの3つ目のメリットはWebサイトとの相性が良く、顧客導線に組み込みやすいという点です。WebARはECサイトなどのWebサイト上に組み込むことができるため、プロモーション目的での活用と相性がよいです。活用例として、ECサイトに集客したユーザーに対し、商品のデザインやサイズ感を確かめることのできるWebARを提供し、その後ECサイトに戻ってもらい購入してもらうという、スムーズな顧客導線の設計が可能です。

 

⇒関連サービス:メタバース総研の開発・運用サービスはこちら

WebAR2つのデメリット

WebAR2つのデメリット

WebARのデメリットとして以下の2つが挙げられます。

  • ➀アプリARに比べAR体験の質が劣る場合がある
  • ②アプリARに比べ提供できるAR体験の幅に制限がある

➀アプリARに比べAR体験の質が劣る場合がある

WebARの1つ目のデメリットは、アプリARに比べAR体験の質が劣る場合があるという点です。ポケモンGOのような長時間かつ継続して利用されるリッチなコンテンツを提供するのには不向きです。

②アプリARに比べ提供できるAR体験の幅に制限がある

WebARの2つ目のデメリットは、アプリARに比べ提供できるAR体験の幅に制限があるという点です。アプリARは1からアプリを設計することができるため、提供したいAR体験から逆算して機能を搭載することができますが、WebARの場合は、搭載できる機能に限りがあるため、企業として提供したいAR体験がそのまま提供できない場合があります。

アプリARの2つのメリット

アプリARの2つのメリット

アプリARのメリットとして以下の2つが挙げられます。

  • ➀高い質のAR体験を提供することができる
  • ②提供できるAR体験の幅が広い

➀高い質のAR体験を提供することができる

アプリARの1つ目のメリットは、高い質のAR体験を提供することができるという点です。ARの特徴である現実世界とリンクした情報を付与することで、リッチな体験を提供することができます。アプリARの例として、ポケモンGOが挙げられます。ARを活用することで、リアルの街にポケモンが現れたかのような体験をすることができ、日本でも社会現象になるほどの流行を見せました。

②提供できるAR体験の幅が広い

アプリARの2つ目のメリットは、提供できるAR体験の幅が広いという点です。アプリARは提供できる体験の幅が広いため、様々な用途での活用が進んでいます。リアルの街とリンクしたゲームではポケモンGO、リアルの街とリンクした道案内サービスではGoogleMap、リアルの人の顔とリンクしたエンタメサービスとしてSnapchatやSNOWなどのサービスが普及しており、今後も幅広い体験が提供されていくと考えられます。

 

⇒関連サービス:メタバース総研の開発・運用サービスはこちら

アプリARの3つのデメリット

アプリARのデメリットとして以下の3つが挙げられます。

  • ➀アプリDLの手間がかかるため、利用のハードルが高い
  • ②開発に費用や期間がかかってしまう
  • ③Webサイトとの相性が悪く、顧客導線に組み込みにくい

➀アプリDLの手間がかかるため、利用のハードルが高い

アプリARの1つ目のデメリットは、アプリDLの手間がかかるため、利用のハードルが高いという点です。ポケモンGOのように高い質のユーザー体験ができると、利用前に多くのユーザーが認知している場合、アプリをDLしてくれるでしょう。一方で、プロモーションや店頭での販促やイベントでの活用の場合、ユーザーにとって利用のインセンティブが低く、アプリをDLしてくれる可能性は下がってしまいます。

②開発に費用や期間がかかってしまう

アプリARの2つ目のデメリットは、WebARに比べ開発に費用や期間がかかってしまうという点です。アプリARを開発する場合、1からアプリを構築しなければならないのはもちろん、iOSとAndroidの両方に対してサービスを開発しなければなりません。そのため、社内のリソースが乏しい企業はアプリARとは相性が悪いといえます。

③Webサイトとの相性が悪く、顧客導線に組み込みにくい

アプリARの3つ目のデメリットは、Webサイトとの相性が悪く、顧客導線に組み込みにくいという点です。アプリARを利用してもらう場合は、一度利用している他のアプリやサイトを離れ、アプリをDLし利用してもらう必要があります。そのため、ECサイトの商品確認のフェーズのみで利用してもらいたいなどの場合、WebARの方が相性が良いといえます。

メタバース/XR活用の個別無料相談会実施中

メタバース総研では、メタバース/XR活用の個別無料相談会を実施しています。

各社様のメタバース/XR活用に関する課題解決に向け、最新の市場動向や具体的な活用アイデアなどを、個別のオンラインMTGにて、無料でご紹介させていただきます。

 

以下のようなお悩みをお持ちのご担当者様は、この機会にぜひお申込みください。

  • 興味はあるが、そもそも活用するかどうか迷っている
  • 自社に合った活用方法へのアドバイスが欲しい
  • 自社の企画の参考になる活用事例を知りたい
  • どのように活用を進めていけば良いか分からず困っている

メタバース/XR活用の個別無料相談会の詳細はこちら

お役立ち資料

関連するサービス

メタバースコンサルティング

メタバースコンサルティング

リサーチから企画・開発・運用まで
一気通貫でご支援いたします。

さらに詳しく>

メタバース開発サービス

メタバース開発サービス

貴社の目的やご要望に合わせた
最適なメタバースを開発いたします。

さらに詳しく>

このナレッジの著者

メタバース総研 代表取締役社長

今泉 響介

慶應義塾大学経済学部卒業。学生起業した事業を売却した後、日本企業の海外マーケティングを支援する株式会社Rec Loc を設立して代表取締役社長に就任。メタバースのビジネス活用を支援するメタバース総研を設立して代表取締役社長に就任。

お問い合わせ

お客様のメタバース活用推進に向け、戦略策定から実行支援までサポートします。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

まずは問い合わせてみる >

個別無料相談

ご担当者様のお悩み解決に向けたアイデアや情報を無料でご提供いたします。お気軽にご相談ください。

個別無料相談

無料で相談する >

資料ダウンロード

各種サービス資料やお役立ち資料をダウンロードいただけます。メタバース活用をご検討の方はぜひご一読ください。

資料ダウンロード 資料をダウンロードする >